かゆみと妊娠線対策

妊娠中にかゆみを感じるようになると、妊娠線に警戒しなくてはいけません。
かゆみを自覚している状態というのはまず、皮膚が弱まっていることを意味しています。
もっというと、皮膚が乾燥しているからかゆみの症状が現れているのです。
乾燥は妊娠線の原因ですので、かゆみを感じている人は注意が必要でしょう。
また、このかゆみのことは妊娠線痒症といいます。
妊娠中というのはホルモンバランスが変化しやすいのですが、こうしたことなどが原因となり、肝臓に負担がかかるとかゆみの症状が出るようになるのです。
かゆいのは当然不快なので、症状を鎮めようとしてかく人が多いのですが、これは絶対にやってはいけません。
というのも、かゆみがあらわれているイコール皮膚が乾燥しているということを説明しましたが、肌が刺激に弱い状態のため容易に傷付けられてしまうのです。
少しかいただけでも傷になり、皮膚の断裂が起こりやすくなるのです。
これが妊娠線として刻まれることとなり、消えずにずっと残り続けることになるわけです。



Example pic

肌の乾燥対策をすることによりかゆみが緩和されることがありますので、保湿クリームなどを塗布するかゆみ対策があります。
また、耐え難いようなら医師に話すことにより、かゆみの症状を改善する薬を出してもらえることがあるでしょう。
ひたすらかゆみを我慢するだけというわけではありませんので、かかずに済む方法を選択し、妊娠線対策をしましょう。
なお、体が不衛生な状態だとかゆくなりますし、下着が肌に合わないとかゆくなりますので、これらのことにも気を付けると、かゆみに悩まされにくくなるのではないでしょうか。