妊娠線はいつからできるの?

妊娠線がいつからできるのかというと、これには個人差があります。
早い段階でできてしまう人もいれば、そうでない人もいるのです。
中には全くできないまま、出産を迎える人もいるでしょう。
理想的なのは妊娠線が作られることなく子供を生むことなのですが、早い場合は妊娠4ヶ月頃に妊娠線が生じるといわれています。
また、平均的には妊娠6ヶ月頃にできる人が多いようです。
なお、この時期に妊娠線ができやすいことには、しっかりとした理由があるのです。
妊娠6ヶ月頃というのは、辛いつわりの時期を乗り越え、体重が増しやすくなります。
この体重の増加が急激だと、妊娠線が発生しやすくなるのです。
この場合にはお腹の他、胸や太ももに生じる場合もあります。



Example pic

それから、遅い人の場合には、出産間近のタイミングで妊娠線ができることもあるのです。
妊娠したばかりの頃はあまり神経質になることはないでしょうが、早い人だと4ヶ月頃からでき始めますので、万全を期したいということであれば、その前あたりから妊娠線対策を始めると良いでしょう。
なお、妊娠線というのはパッと見て分かる場所にできることもあれば、よく確かめないと分からないような場所にできることもあります。
そのため、思いもよらぬ場所にできていたというのを見逃したくない人は、鏡を使用してできやすい場所を隈なくチェックすると良いでしょう。
その他、妊娠線は5ミリほどの長さがあり、太さは2~3ミリほどありますので、確認する際の参考にしてください。