肥満と妊娠線対策

太り気味の人というのは、そうでない人より妊娠線が刻まれやすくなります。
どうして妊娠線ができやすいのか、まずは説明したいと思います。
肥満体型の人は、皮下脂肪が多いという特徴があります。
皮下脂肪は弾力性がなく、伸縮しにくい性質があるのです。
このような皮下脂肪の多い人が妊娠すると、お腹が大きくなり皮膚が引っ張られることで、皮膚が断裂しやすくなります。
妊娠線対策をしたい人は、中性脂肪を少なくするためにダイエットをすると良いでしょう。
とはいえ、妊娠中には激しい運動をすることはできません。
それではどういう運動があるのかと気になるでしょうが、マタニティビクスなど妊婦に適した運動が数多くあります。
このような運動だと妊娠中の体にかかる負担も軽く、行いやすいでしょう。



Example pic

また、よく妊娠中は生まれてくる子供の分まで栄養補給をしなくてはいけないといわれますが、実はこれは正しくありません。
脂肪分を抑えた栄養バランスの良い食事を摂ることが推奨されているのです。
このことから、ダイエットといっても過度な食事制限をすることがタブーというのは分かるでしょう。
なお、妊娠中というのは体重が増えやすいものなのですが、急激に増えないように注意が必要です。
というのも、急激な体重増加も妊娠線の原因になるからです。
妊娠中は病院通いをしますが、定期健診の際に体重測定も行いますので、重くなり過ぎないように体重をしっかりとチェックし、食事の管理を行ったり、適度な運動を行ったりすることが良い妊娠線対策になるでしょう。